読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかったよ

これのスピンオフ→わかること! http://wakarukoto.com

昔、ゴッゴルというSEOコンテストのテーマがあって、今考えるとめちゃくちゃなSEOしてたな、ってはなし

このまえのGoogleが定める良質なコンテンツの意味を理論的に考えるって記事でも書いた

昔からSEOに携わってきた人にとっては、SEOはテクニックだろという考えから頭を切り替えにくいところはあると思いますが、理論的に考えれば納得がいくはずです。

まだテクニックで上位表示させようと考えている方は、そのエネルギーを良質なコンテンツ作りに注いだほうが効率が良いですよ。

これはとっても重要。でも、ずっとSEOの概念が止まってしまっている人も世の中に入る。

 

自分のSEOの始まりは、2004年にブログにハマってしまったこと。どうやったら見てもらえるのか、どうやったらPVが増やせるのかに日々頭を悩ませるようになった。

  

その年のSEOコンテストにも参加(第一回テーマはゴッゴル)し、検索1ページ目から3ページ目を行ったり来たりだったような記憶がある。

そのころは、検索エンジンに上位表示させるための”テクニック探し”に躍起になっていた。

 

ところで、そのSEOコンテストのテーマ「ゴッゴル」とはなにか?

なんでもない。そう、この世の中に存在しない(検索しても1件もヒットしない)言葉。それを使って、検索1位を獲得するためのコンテスト。

今はもうコンテストないのかな。

 

まぁ、だいたいみんなこんな感じだったよ。

1.とにかく「ゴッゴル」という言葉を記事内で連呼する

2.titleタグ、Hタグ、altタグなどありとあらゆるタグに「ゴッゴル」を入れる

3.ゴッゴルにまつわるおもしろエピソード(もちろん創作)で、コメントやトラックバックをもらう

 

そんな乱暴なコンテスト。こういうこと企画すると絶対にやり過ぎちゃう人が出てくる。

 

とにかく、有料でサーバ借りて、独自ドメイン取って、何から何までゴッゴルづくしとかやってた人もいれば、顔出し、裸でゴッゴルと叫ぶみたいなテーマで写真公開していた人もいた。

(今盛り上がったら女性でもやるのかな…)

 

で、意外にも、今のSEOに通じるのが3。

当時、今でいうフォロー返しのような行為があって、それがトラックバック返しだったんだけど、ゴッゴル参加者は、とにかく、ゴッゴルという言葉を見つけては、それをネタに記事を書く、という感じだったので、コメント欄が凄いことになってた。これを見て欲しい。

f:id:gyokuroiri:20140716152503p:plain

ね ?気持ち悪いでしょ?

他人のだけど10年前だから問題なし!

 

でも、結構コンテンツは面白いのがあったんだよなー。あの時のムリヤリ感、ゴッゴルで天下とったるわーっていう雰囲気で、良いコンテンツを創りあげたら作り上げたら、 きっと今のGoogleにも良い評価される、のかもしれない。

 

すげーな、10年前じゃないか…。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...